×

Vina R&D

太陽光エネルギー

ビナテックはソーラー発電機のミラートラックキング制御用ハイブリッドスーパーキャパシターを研究・開発しています。

課題概要

  • 課題名称 : 太陽光ミラートラック用ハイブリッド超高容量キャパシター
  • 参加機関 : ビナテック(株), 韓国セラミック技術院
  • 課題期間 : 2010. 05. 01 ~ 2015. 04. 30 [60 ヵ月]
  • 課題費用 : 50.6億ウォン(政府拠出金25.3億ウォン含む)

課題背景及び目標

  • 太陽光発電所は作動効率を高めるため、パラボリックミラー太陽の経路を追跡するように制御します。 そのために必要な電源を供給しようとケーブルを通した送電をしたり、バッテリーまたはスーパーキャパシターを利用します。ケーブル送電方法は長寿命が検証されましたが、初期投資費用が大きく、施工も複雑です。 バッテリー利用方式は、初期費用は少なくて済みますが、寿命が2年以内であるため頻繁に交換しなくてはなりませんし、環境規制にも直面しています。またハイブリッドスーパーカーキャパシターは設置費用も少なく、メンテナンス費用も少なくて済みますが、バッテリーより単価が高いという問題点を抱えています。
  • 本課題の開発目標は、反永久的な寿命と高出力の特性を持つ電気二重層キャパシター (EDLC, Electronic Double Layer Capacotor)と高エネルギー密度と高電圧の特性を有するリチウムイオン電池(LIB, Lithium Ion Battery)の長所を結合したハイブリッドキャパシターの開発。

推進組織

You can scroll the content left and right.

機関 役割 ホームページ
ビナテック

-セル及びモジュール開発

-組立工程最適化

-セル組立及び評価

http://www.kicet.re.kr  
韓国セラミック技術院

-高温用陽極材開発

-常用活性炭の個質

-新規活性炭開発

http://www.kctech.re.kr  
  • 高出力複合陽極材

  • マイクロ波処理商用活性弾

  • 雇用量新規活性弾

  • 2.5V 1000F Hybrid Capacitor

  • 2.5V 1000F Module

期待効果

  • ハイブリッド・キャパシター関連製品累積売上高は600億ウォン以上です。
TOP